がん保険の診断給付金

がん保険の診断給付金とはガンと診断された場合に支払われる給付金です。ガン保険の種類によって給付額が違うこともありますが、はじめてガンと診断された場合に、一時金として支払われます。癌保険の保険商品によって、1回のみ給付されるがん保険と、複数回診断給付金を受け取ることが出来るがん保険もあります。通常100万円~300万円程度支払われます。

ガンと診断されて最初に受けとる給付金が、がん診断給付金と入院給付金になると思います。診断給付金を受け取るには、保険会社によりますが、いずれかの条件が必要です。 ・ガンと診断確定された ・ガンの手術をする ・ガン治療の為に入院する ガンと診断確定されたら給付されるがん保険が多いようです。

ほとんどのがん保険には、この診断給付金が支給されますが、保険会社のプランによっては、初めてガンと確定された場合のみ出る場合と、回数に制限なく何度でも診断給付金を受け取れるプランがあります。

ガンは再発や転移といったリスクを伴いますので、保険料は割高ですが何度でも診断給付金を受け取れるがん保険を選んでおいたほうが安心といえるでしょう。ただし、回数に制限がないといっても2回目以降の診断給付金は、前回の診断給付金を受け取った日から一定期間経過していることが条件になります。

保険に関するサイトなどを見ると、ライターの募集で集められた専門家の方が、これらの情報を発信している場合もあるので、参考にするとよいかと思います。

生活とお金 © 2012. Theme Squared created by Rodrigo Ghedin.